【動物・鳥・花】カラスノエンドウ

かぎけん花図鑑のブログは、まだまだカラスと花名が付く花シリーズです。
カラスノエンドウ(烏野豌豆)は、別名で「ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)」とも呼ばれます。地中海沿岸原産でマメ科の蔓性一年草または越年草の野草です。日本全国の野原に咲いています。今回のカラスの意味は、スズメとの大きさの対比で、 カラス>スズメ の関係を表しています。すなわち、カラスはスズメより大きい。よって、スズメノエンドウより大きなマメ科の植物「カラスノエンドウ」。カラスノエンドウには全草が無毒なのでテンプラなどにして食べられます。

カラスノエンドウ @台場
カラスノエンドウ
この花を図鑑で見る

他の記事

「特集」コーナー、新設! サクラ 
「特集」コーナーを新設! 初回はサクラ(桜)です。 「かぎけん花図鑑」...
【和代さんの庭】 バーベナ
【和代さんの庭】 バーベナ(Verbena) 和代さんの庭で元気にピンク...
6月14日の誕生花 グラジオラス、下野、春車菊
6月14日の誕生花は、グラジオラス,シモツケ,ハルシャギクです。 グ...

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved