【動物・鳥・花】クジャクサボテン

 


花名に鳥名が付く花はまだまだあります。今回ご紹介するのは孔雀仙人掌です。


このクジャクサボテン(学名:Epiphyllum spp.)は、メキシコ原産でサボテン科の半耐寒性・常緑多年草の多肉性草本です。光沢のある赤や白、ピンク、黄色、橙、赤紫色の大輪の花を茎から咲かせます。花名は、花が孔雀の羽のように美しいサボテンということから付けられました。クジャクサボテンの白花は、ゲッカビジン(月下美人、学名:Epiphyllum oxypetalum)と似ていますが、クジャクサボテンが3日間程咲くのに対し、月下美人は夜間から咲き始め3時間位で萎んでしまいます。

クジャクサボテン @清澄白河
クジャクサボテン
この花を図鑑で見る

他の記事

イチハツ
イチハツ(一初)はアヤメの一種で、逸早く咲くのが花名の由来です。シャガを大...
誕生花 7月3日 立浪草、蓮
誕生花 7月3日は、タツナミソウ,ハスです。 タツナミソウ(立浪草、...
9月30日の誕生花 秋明菊、葉鶏頭
9月30日の誕生花は、シュウメイギク(秋明菊、学名:Anemone jap...

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved