【動物・鳥・花】オオヒエンソウ

まだまだ続きます。鳥名が付く花のご紹介です。


和名をオオヒエンソウ(大飛燕草)と呼ぶこの花は、欧州等原産でキンポウゲ科の耐寒性宿根草です。もうお気づきだと思いますが、花名にツバメ(燕)と付いており、花の形が燕の飛ぶ姿から付けられました。
英名では、デルフィニウム(Delphinium) と呼ばれ、ラテン語由来でイルカを意味し、花の蕾がイルカの姿に似ていることに拠ります。

デルフィニウム @浜名湖花博2004
デルフィニウム
この花を図鑑で見る

他の記事

大島桜のブログ
オオシマザクラ(大島桜)と言えば、桜餅を包む葉として使われ、また、代表的な...
誕生花 7月14日 凌霄花、薔薇、河原撫子、芝桜
誕生花 7月14日は、ノウゼンカズラ,バラ,カワラナデシコ,フロックス(芝...
3月20日の誕生花 チューリップ、スイートピー、銭紅葵、三椏
3月20日の誕生花は、チューリップ(黄),スイートピー,ゼニアオイ,ミツマ...

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved