【動物・鳥・花】ハケイトウ

動物と花とのいい関係シリーズ ハケイトウ(葉鶏頭)


庭にある草で許されているのはシソとこのハケイトウ位のものではないでしょうか。花が咲かない、あるいは、観賞価値のない花は初めから植えられないか、世話の頻度が低下し自然淘汰される運命にあります。勿論、雑草や野菜は異なります。雑草はできるだけ目立たないように小さく咲き、体幹もある程度鍛えて(?)丈夫なものだけがしたたかに生き伸びます。野菜は健康志向と経済性、ちょっとした趣味で植えられます。シソは雑草と野菜を兼ねたようなものですが、ここでは雑草と野菜はさて置いて、ハケイトウについてご紹介いたします。


ハケイトウ(学名:Amaranthus tricolor)は、ヒユ科の非耐寒性一年草で、ケイトウ(鶏頭)の中でも葉を楽しむタイプのものです。花は小さく紫色のものが葉脇に生えますが目立ちません。しかし、葉は初秋に鮮やかに色づき強烈な印象を与えます。色や形、模様、大きさが多様化しており、たくさんの品種が見られます。

ハケイトウ @京都府立植物園
ハケイトウ
この花を図鑑で見る

他の記事

矢車菊のブログ
ヤグルマギク(矢車菊、学名:Centaurea cyanus)は、欧州東南...
山丹花のブログ
サンタンカ(山丹花、学名:Ixora chinensis)は、アカネ科...
1月16日の誕生花 金魚草、沈丁花、デンドロビューム、木瓜、ヒヤシンス、ラッパスイセン、スノードロップ
1月16日の誕生花 キンギョソウ,ジンチョウゲ,デンドロビューム,ヒヤシン...

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved