サルビア・ファリナセア

日本の気候は四季があり、結構過酷なので、本来が多年草の花でも、外来種の多くは園芸上、一年草扱いとされます。また、四季の他、南北に細長い地形であることから、一年を通じて暑さ寒さの温度差や、梅雨・ゲリラ雨・台風による多雨、降雪もあり、高温・低温、高湿度から、外来植物が生き延びるには少し過酷のようです。それは、人間にとっても同じで、最近の日本の夏は、酷暑と言っても良いほどで過ごし難くく、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックでの競技開催には熱中症対策のウェートが大きいとされます。
さて、今日の花は、サルビア・ファリナセ(学名:Salvia farinacea)です。本種は、北米原産で、シソ科サルビア属の一年草扱いですが、本来は多年草です。本種の場合、暑さや湿気を嫌うので、梅雨~真夏は苦手で、その時期の花付きが悪くなります。紫色や白花の他、薄紫色の園芸品種も育種されました。花言葉は、...

ブルーサルビア @皇居
ブルーサルビア
この花を図鑑で見る

他の記事

特集「ケイトウ」
特集「ケイトウ」 ブログで一時取上げたケイトウと関連のある特集です。 ...
緑の鈴のブログ
ミドリノスズ(緑の鈴)は、グリンピースを繋いで作った長い首飾りのように見え...
唐人稗のブログ
雑穀と呼ばれるヒエやアワをよくよく見ると、結構美しいので観賞用となるものが...

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved