かぎけん花図鑑

ルリフタモジ

基本情報
花名
ルリフタモジ
英名
Tulbiaghia violacea
学名
Tulbaghia violacea
別名
ツルバギア・ビオラセア, Tulbaghia violacea, 瑠璃二文字, wild garlic
原産地
南アフリカ,、ジンバブエ
生活型
常緑多年草
コメント
ルリフタモジ(瑠璃二文字、学名:Tulbaghia violacea)は、南アフリカ、ジンバブエ原産で、キジカクシ科ツルバギア属の多年草です。線形の根生葉の間から出た花茎先端から伸びた散形花序に、漏斗形で先端が6深裂した紫色の小花を10輪ほど咲かせます。茎や葉を折るとニンニク(大蒜)の匂いがします。花名にルリ(瑠璃)がつく花には他に、ルリマツリ(瑠璃茉莉)などがあります。
一般名:ルリフタモジ(瑠璃二文字)、学名:Tulbaghia violacea (ツルバキア・ビオラセア)、別名:ツルバギア・ビオラセア、ツルバギア・ビオラケア(Tulbaghia violacea)、wild garlic(ワイルドガーリック), society garlic(ソサエティガーリック)、分類名(APG III):植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ツルバギア属ルリフタモジ種、原産地:南アフリカ、草丈:30〜40 cm、根生葉、葉形:線形、葉色:緑色、花序形:散形花序、花冠形:漏斗状で先端が6深裂、花色:紫・薄青紫、花径:2 cm、開花期:4月〜11月(暖地では周年)、果実型:蒴果。
詳細情報
キジカクシ
ヒガンバナ
ツルバギア
ルリフタモジ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園
開花時期
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
30  ~ 40  [cm]
花径
2  ~