かぎけん花図鑑

アリウム・ギガンテウム

基本情報
花名
アリウム・ギガンテウム
英名
Allium Giganteum
学名
Allium giganteum
別名
ハナネギ, 花葱, Allium, giganteum, アリウム, ギガンテウム
原産地
ヒマラヤ
生活型
球根植物
コメント
アリウム・ギガンテウム(学名:Allium giganteum)は、ヒマラヤ原産で、ヒガンバナ科ネギ属の球根植物です。晩春~初夏、長い花茎を伸ばし、先端に葱坊主に似た大球形の赤紫色の花を咲かせます。背の高い植物で、植物園では一列に植栽され目立ちます。アリウム(Allium)とはラテン語でニンニク、giganteum(ギガンテウム)は巨大なという意味です。同じアリウム属に、チャイブ(Chives、学名:Allium schoenoprasum)があります。
一般名:アリウム・ギガンテウム(Allium giganteum)、学名:Allium giganteum(アリウム・ギガンテウム)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ネギ属、別名:ハナネギ(花葱)、アリューム、アリアム(Allium)、ギガンテウム(Giganteum)、原産地:ヒマラヤ、 草丈:80~120 cm、葉形:剣状~長披針形、葉縁:全縁、葉序:互生、葉幅:5 cm、花序径:聚繖花序=散形花序(球状)、花被片数(花弁と雄蕊):6枚、花冠:6弁花、小花径:0.5 cmのものが数百個集合、花序径:10~20 cm、花色:紫色、開花期:5月~ 6月、果実型:蒴果、鱗茎径(球根径):10~15 cm、用途:花壇、公園植え、切り花、盛り花。
詳細情報
キジカクシ
ヒガンバナ
ネギ
アリウム・ギガンテウム
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
剣形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園 切り花・生け花
開花時期
5月 6月
高さ
80  ~ 120  [cm]
花径
10  ~ 20