かぎけん花図鑑

ジュウニヒトエ

基本情報
花名
ジュウニヒトエ
英名
Ajuga nipponensis
学名
Ajuga nipponensis
別名
十二単重
原産地
日本
生活型
寒性常緑多年草
コメント
ジュウニヒトエ(十二単、学名:Ajuga nipponensi)は、日本原産で、シソ科キランソウ属の寒性常緑多年草です。本州〜四国の山地や、農道の縁、庭で見られます。春に、花株から数本伸びた穂状序に白〜薄紫色の小花を重ねるように咲かせます。キランソウ(綺欄草)に似ています。キランソウは匍匐性で濃い青紫色の花を咲かせます。それに対し、十二単重は茎が直立し、花茎から穂状花序を伸ばし白〜薄紫花を咲かせます。園芸品種に、セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)と呼ばれるアジュガ(Ajuga、学名:Ajuga reptans)があります。
一般名:ジュウニヒトエ(十二単)、学名:Ajuga nipponensis、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科キランソウ属 、原産地:日本 、分布:本州〜四国、環境:山地、農道の縁、庭 、草丈:10〜30 cm、花色:白〜薄紫、花径:1〜2 cm、開花期:4月〜5月。
詳細情報
シソ
シソ
キランソウ
ジュウニヒトエ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道 庭 低山
紫, 白
開花時期
4月 5月
高さ
10  ~ 30  [cm]
花径
1  ~ 2