かぎけん花図鑑

シラネアオイ

基本情報
花名
シラネアオイ
英名
Glaucidium palmatum
学名
Glaucidium palmatum
別名
白根葵, Blue mallow
原産地
ヨーロッパ
生活型
多年草の高山植物
コメント
シラネアオイ(学名:Glaucidium palmatum)は、日本固有種で1属1種のキンポウゲ科シラネアオイ属の多年草です。初夏から夏に、森林内の沢沿いで、薄桃から薄紫色の花を咲かせます。日本海側の多雪地帯で、雪を毛布代わりにして生き延びています。花のように見えるものは、実際には4枚の萼片です。アオイと付きますがアオイ目の植物ではありません。花名は日光白根山に多く生息し、花(のように見えるもの)がタチアオイ(立葵)に似ることによります。
一般名:シラネアオイ(白根葵)、学名:Glaucidium palmatum、別名:ハルフヨウ(春芙蓉)、ヤマフヨウ(山芙蓉)、分類名:分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科シラネアオイ属シラネアオイ種、原産地:ヨーロッパ、生息分布:日本海側の多雪地帯、環境:森林内の沢沿い、
草丈:30〜40 cm、葉形:掌状、葉径:20〜25 cm、花径:7 cm、開花期:5月〜7月中旬、花色:薄桃〜薄紫。 
詳細情報
キンポウゲ
キンポウゲ
シラネアオイ
シラネアオイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
仮面状花冠
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
羽状深裂
鑑賞場所
特定の地域 亜高山
ピンク, 紫
開花時期
5月 6月 7月
高さ
30  ~ 40  [cm]
花径
6  ~ 7