かぎけん花図鑑

インドネシアン・ワックス・ジンジャー

基本情報
花名
インドネシアン・ワックス・ジンジャー
英名
Indonesian wax ginger
学名
Tapeinochilus ananassae
別名
Indonesian wax ginger, Tapeinochilus ananassae, 松毬ジンジャー
原産地
インドネシア、マレーシア
生活型
多年草
コメント
インドネシアン・ワックス・ジンジャー(Indonesian wax ginger、学名:Tapeinochilos ananassae)は インドネシア、マレーシア原産でオオホザキアヤメ科タペイノキロス属の多年草です。地下茎が発達しています。松毬の(まつかさ)のように見えるのは 苞が重なってできた花序です。実際の花は苞から少しはみしています。出ている黄色い小さなものです。苞色は赤が主ですが、他に橙、桃、白色もあります。
一般名:インドネシアン・ワックス・ジンジャー(Indonesian wax ginger)
学名:Tapeinochilos ananassae(タペイノキルス・アナナサエ)
別名:マツカサジンジャー(松毬ジンジャー)、スパイラル・ジンジャー、 タペイノキルス・アナナッサエ(Tapeinochilus ananassae)、
分類名:植物界被子植物単子葉類ショウガ目オオホザキアヤメ科タペイノキロス属インドネシアン・ワックス・ジンジャー種、原産地:インドネシア、マレーシア、花序長:20cm、花期:夏
詳細情報
ショウガ
オオホザキアヤメ
タペイノキルス
インドネシアン・ワックス・ジンジャー
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
波状
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
開花時期
8月
高さ
100  ~ 300  [cm]
花径
0.5  ~ 0.5