パープルリーフサンドチェリー

  • パープルリーフサンドチェリー_img_0

    パープルリーフサンドチェリー @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
パープルリーフサンドチェリー
英名
Prunus x cistena
学名
Prunus x cistena
別名
Prunus x Cistena, プルヌス・キステナ, purple leaf sand cherry
原産地
園芸品
生活型
落葉広葉樹

コメント

パープルリーフサンドチェリー(purple leaf sand cherry、学名:Prunus x Cistena)は芳香のある白花と赤銅色の葉を楽しむバラバラ属の落葉性低木です。Cherry Plum( Prunus cerasifera )とPrunus pumillaのハイブリッド種です。South Dakota State University(サウスダコタ大学)のハンセン教授が育種しましtた。先に葉が出て、4月に薄桃色みを帯びた白花を咲かせます。7月にごく僅かの黒柴色の果実が成ります。紫葉のミロバランスモモとスナザクラの交雑種です。害虫に弱く寿命は10ほど年です。

一般名:パープルリーフサンドチェリー(purple leaf sand cherry)
学名:Prunus x cistena、別名:プルヌス・キステナ、
樹高:180~300cm、樹幅:150~250cm、葉色:赤銅色、葉形:卵形楕円形、葉身長:5cm、葉径:2.5cm、
花色:白、開花期:4月、芳香:有、繁殖方法:根茎を株分け、用途:生垣、鳥の餌

詳細情報

バラ
バラ
バラ
プルヌス・キステナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
ピンク
開花時期
4月
高さ
180 ~ 300  [cm]
花径
2 ~ 2.5

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved