かぎけん花図鑑

ハクサンタイゲキ

基本情報
花名
ハクサンタイゲキ
英名
Euphorbia togakusensis
学名
Euphorbia togakusensis
別名
白山大戟, ミヤマウルシ
原産地
日本、朝鮮半島、台湾
生活型
海岸の岩場に咲く多年草
コメント
ハクサンタイゲキ(白山大戟、学名:Euphorbia jolkiniis)は、日本固有種のトウダイグサ科トウダイグサ属の多年草です。夏に杯状花序に黄色い花を咲かせます。
一般名:ハクサンタイゲキ(白山大戟)、学名:Euphorbia togakusensis、別名:ミヤマウルシ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目トウダイグサ科トウダイグサ属、原産地:日本、生息分布:低山~高山、環境:草地、草丈:30〜40 cm、地下茎が発達、葉序:互生、葉形:楕円形~披針形、葉色:緑、葉身長:6 cm、葉縁:全縁、花序形:杯状、開花期:6月~7月、花色:黄、苞葉色:黄、花径:0.5〜0.6 cm、雄花:4,5個、雌花:1個、子房:柄あり、果実形:球形で突起と長い白毛が有る、果実径:0.6 cm、種子形:平滑な球形、種子径:0.3 cm。
詳細情報
キントラノオ
トウダイグサ
トウダイグサ
イワタイゲキ
花のタイプ
その他
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
杯形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
高山 低山 亜高山
開花時期
6月 7月
高さ
30  ~ 40  [cm]
花径
0.5  ~ 0.6