オオバキリン

  • オオバキリン_img_0
    オオバキリン @ 熱川バナナワニ園

基本情報

花名
オオバキリン
英名
Pereskia grandifolia
学名
Pereskia grandifolia
別名
大葉麒麟, Pereskia grandifolia, ペレスキア・グランディフォリア
原産地
ブラジル
生活型
非塊根性・半落葉広葉低木

コメント

オオバキリンとは

オオバキリン(大葉麒麟、学名:Pereskia grandifolia)は、ブラジル原産で、サボテン科ペレスキア属の非塊根性・半落葉広葉低木です。現地ではサバンナのような乾燥した森林に自生します。サボテンの原種で幹や葉脇には棘があります。大きな葉は倒卵形をしています。 夏の昼間だけ、濃桃色の花が多数固まって咲きます。 花後に梨に似た果実をつけます。葉は野菜として食べられます。

一般名:オオバキリン(大葉麒麟)、学名:Pereskia grandifolia 、別名:ペレスキア・グランディフォリア(Pereskia grandifolia)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ナデシコ目サボテン科コノハサボテン属(ペレスキア属)オオバキリン種、原産地:ブラジル、環境:サバンナ、乾燥した森林、生活型:非塊根性低木、草丈:200~500 cm、葉長:10~20cm、葉幅:5 cm、葉形:倒卵形、花茎:3~5 cm、花色:濃桃、開花期:5月~7月の昼間だけ、果実形:梨似、用途:葉は野菜として食べられます。 特徴:サボテンの原種、幹・葉腋に棘がある。

詳細情報

ナデシコ
サボテン
コノハサボテン
オオバキリン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
棘状
鑑賞場所
温室植物園特定の地域
ピンク
開花時期
5月6月7月
高さ
200 ~ 500 [cm]
花径
3 ~ 5

アクセスランキング(日別)

ヒメヒオウギズイセン_img
オウコチョウ_img
クササンタンカ_img
フランスギク_img

ランダムな花

トルコギキョウ 'リップルソフト バイオレット'_img
キングプロテア_img
シノブボウキ_img
オタカンサス_img
ストロビランテス・アニソフィルス_img
ダイミョウチク_img
ヒャクニチソウ_img
ユキノシタ_img
カキノキ_img
カラテア・バルセビッチ_img
シコタンソウ_img
クロチク_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved