かぎけん花図鑑

スクレランサス・バイフローラス

基本情報
花名
スクレランサス・バイフローラス
英名
Scleranthus biflorus
学名
Scleranthus biflorus
別名
knawel, Scleranthus, スクレランツス・ビフロルス
原産地
オーストラリアとニュージランド
生活型
耐寒性常緑多年性ハーブ
コメント
スクレランサス・バイフローラス(学名:Scleranthus biflorus)はオーストラリア東部及びニュージランド固有種で、ナデシコ科シバツメグサ属の耐寒性常緑多年性ハーブです。原産地では、海岸から高山地域に自生しています。株高は15 cm程ですが、良く分枝し、横にカーペット状に広がります。秋~冬に、花柄先端に2つの黄緑色の花(実際には萼片)を付けます。花には花弁が無く、花のように見えるのは5本の萼片です。属名の「Scleranthus」はラテン語の「 skleros (堅い)+ anthos (花)」と言う意味です。種小名の「biflorus」は「bi(2つの)+florus(花の)」と言う意味です。
一般名:スクレランサス・バイフローラス、学名:Scleranthus biflorus、別名:スクレランツス・ビフロルス、スクレランサス、Scleranthus、knawel、two-flowered knawel、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ナデシコ科シバツメグサ属スクレランサス・バイフローラス種、株高:15 cm、株幅:70~80 cm、葉身長:0.5~1 cm、葉質:硬い、葉色:緑、葉序:対生、葉形:針状、葉縁:全縁、開花期:11月~12月、花色(萼色):黄緑、萼径:0.3 cm、花弁:無し、花柄長:1~4 cm、用途:グランドカバー。
詳細情報
ナデシコ
ナデシコ
シバツメグサ
スクレランサス・バイフローラス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
高山 海岸 特定の地域
開花時期
11月 12月
高さ
15  ~ 15  [cm]
花径
0.2  ~ 0.3