かぎけん花図鑑

アエオニウム・フルテンセンス

基本情報
花名
アエオニウム・フルテンセンス
英名
Aeonium frutescens
学名
Aeonium frutescens
別名
Aeonium
原産地
カナリア諸島などの亜熱帯地域
生活型
多肉植物
コメント
アエオニウム・フルテンセンス(学名:Aeonium frutescens) は、カナリア諸島などの亜熱帯地域原産で、ベンケイソウ科アエオニウム属の多肉植物です。アエオニウムは演技品種が多いです。葉はロゼッタ状に成ります。春に黄色い花を開花します。属名の「Aeonium」はギリシャ語で「aionion(永遠に生きる)」。花言葉は「永遠」。
一般名:アエオニウム・フルテンセンス、学名:Aeonium frutescens、別名:Aeonium、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目ベンケイソウ科アエオニウム属、草丈:40~80 cm、開花期:2月~6月、花の形:筒状で4数性、雄蕊素:8本。
詳細情報
ユキノシタ
ベンケイソウ
アエオニウム
アエオニウム・フルテンセンス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室
開花時期
2月 3月 4月 5月 6月
高さ
40  ~ 80  [cm]
花径
2  ~ 2