かぎけん花図鑑

アカンサス

基本情報
花名
アカンサス
英名
Acanthus
学名
Acanthus mollis
別名
ハアザミ, Bear's Breech, Brank Ursine, Acanthus, Acanthus mollis
原産地
地中海沿岸、熱帯アジア
生活型
耐寒・耐乾・耐蔭性の大型多年草(宿根草)
コメント
アアカンサス(Acanthus、学名:Acanthus mollis)は、地中海沿岸原産で、キツネノマゴ科の大型多年草です。ギリシャ建築の柱頭模様で有名です。学名のアカンサスとはギリシャ語で棘を意味しますが、それは花の付け根の苞に棘があることによります。長い穂状花序に沿って多数の茶褐色の萼がつき、そこから唇形の小花を出します。 アカンサスの種類にはモリス(A. mollis、ハアザミ)やスピノサス(A. spinosus、トゲアザミ)、 ハンガリカス(A. hungaricus、ナガハアザミ)があります。モリスは草丈2mほどになり、スピノサスは1.5mほどです。2者共、常緑で葉幅があります。ハンガリカスは細葉で冬に落葉します。コリント様式の建築に使われているのはスピノサスの大きな根生葉で葉が深裂しており、 アザミの葉に似ていますが先は棘状ではありません。
一般名:アカンサス(Acanthus mollis) 、学名:Acanthus(アカンサス)、 別名:ハアザミ(モリス種、葉薊)、トゲアザミ(スピノサス)、ハンガリカス(ナガハアザミ)、 ベアーズ・ブリーチ(Bear's Breech)、ブランク・アーサイン(Brank Ursine)、APG植物分類体系:植物界被子植物真正双子葉類シソ目キツネノマゴ科ハアザミ属アカンサス種、原産地:地中海沿岸、熱帯アジア、生活型:耐寒・耐乾・耐蔭性の大型多年草(宿根草)、草丈:50~200 cm、葉長:50~100 cm、葉幅:20 cm、葉序:根元で叢生、葉柄:長い、葉形:羽状で深い切れこみあり鋸歯の先端に棘有り、葉質:厚くて光沢有り、花序形:穂状花序、花序高:50~200 cm、花色:白、稀に薄紅色(茶色い萼)、花の咲き方:斜上に出て横向き、花形:筒状、苞に棘、花期:6月~9月、花径:3 cm、果実型:蒴果、種子長:1 cm、備考:葉はギリシャ建築の円柱頭模様の一つコリント式のモデル植物。
詳細情報
シソ
キツネノマゴ
ハアザミ
アカンサス
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
奇数羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
6月 7月 8月 9月
高さ
50  ~ 200  [cm]
花径
3  ~ 3