カシノキラン

  • カシノキラン_img_0
    カシノキラン @ 不明

基本情報

花名
カシノキラン
英名
Gastrochilus japonicus
学名
Gastrochilus japonicus
別名
樫の木蘭
原産地
韓国、台湾、香港、日本
生活型
着生ラン

コメント

カシノキラン(樫の木蘭、学名:Gastrochilus japonicus)は韓国、台湾、香港、日本原産で、樫の木などの常緑樹に着生ランです。夏に、黄色い花を咲かせます。花名は樫の木に着き、葉が樫に似ることに拠ります。山地の自然林で樹幹に着生し、かっては普通に見られる蘭でした。しかし、採集や自然林の伐採などで激減し、現在では限られた地域でしか見られなくなりました。沖縄県レッドデータカテゴリーの絶滅危惧II類(VU)、環境省カテゴリーでも絶滅危惧II類(VU)とされます。

一般名:カシノキラン(樫の木蘭)、学名:Gastrochilus japonicus、分類名:植物界被子植物真正単子葉類キジカクシ目ラン科カシノキラン属カシノキラン種、原産地:朝鮮半島及び日本の関東以南の本州、四国、九州、屋久島、奄美大島、徳之島、沖縄の南日本、環境:樫の木などに着生、草丈:10~15cm、葉形:倒披針形、葉序:2列に互生、葉長:5~7cm、葉質:皮質、花序:総状花序、花の出る場所:葉腋、花径:1~1.5cm、開花期:6月~8月、花色;黄色と白、果実型:蒴果

詳細情報

キジカクシ
ラン
カシノキラン
カシノキラン
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
倒披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
特定の地域植物園
黄, 白
開花時期
6月7月8月
高さ
10 ~ 15 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

オカトラノオ_img
キバナノオオゴチョウ_img
デンドロキラム・コビアナム_img
メガクリニウム マキシマム_img

ランダムな花

イクソラ・ダッフィー_img
牡丹'シマネセイダイ'_img
グラスツリー_img
マルバダケブキ_img
テンニンソウ_img
ハクチョウゲ_img
ディフェンバキア_img
アガパンサス_img
額紫陽花 ユングフラウ ラベンダー_img
カキノキ_img
モミジカラマツ_img
ハシリドコロ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved