グンバイヒルガオ

  • グンバイヒルガオ_img_0
    グンバイヒルガオ @ ハワイ島(ビッグアイランド)

基本情報

花名
グンバイヒルガオ
英名
Ipomoea pes-caprae
学名
Ipomoea pes-caprae
別名
ビーチ・モーニング・グロリー, 軍配昼顔, Beach Mornig Glory
原産地
世界中の熱帯域
生活型
蔓性多年草、海浜植物

コメント

グンバイヒルガオとは

グンバイヒルガオ(軍配昼顔、学名:Ipomoea pes-caprae)はヒルガオ科サツマイモ属の蔓性多年草です。熱帯地方の砂浜をグランドカバーのように勢力拡大する海浜植物です。花色は薄紫を帯びたピンクで花形は漏斗状です。一見、弱そうに見えますが、皮質の葉や丈夫な茎を持ち、強風にも、焼け焦げそうな高温にも、絶え間なく打ち寄せる塩水にも耐えるタフな植物です。ハワイ名の’pes-caprae’は英語で’goat's foot’を意味し、葉が先の割れた山羊の足形に似ていることに拠ります。日本名のグンバイヒルガオという名前も、同様に、葉形が相撲の行司が使う軍配に似ていることに拠ります。花後に小さな莢が成り、中に黒っぽい種子が4粒入っています。種子は海流れに乗って世界中の浜辺に流れ着き現地で勢力を拡大させます。

一般名:グンバイヒルガオ(軍配昼顔)、学名:Ipomoea pes-caprae、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ヒルガオ科サツマイモ属グンバイヒルガオ種、別名:ビーチ・モーニング・グロリー(Beach Morning Glory)、Pohuehue、Ipomoea pes-caprae、原産地:世界中の熱帯域、環境:砂浜、生息分布:日本の九州南部~沖縄、生活型:蔓性多年草、草丈:10~20cm、単葉、葉序:互生、葉縁:全縁、開花期:5月~9月(現地では周年)、花色:薄紫を帯びたピンク、花形:漏斗状、花径:4~6cm。

詳細情報

ナス
ヒルガオ
サツマイモ
グンバイヒルガオ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海岸
ピンク
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
4 ~ 6

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
コデマリ_img
シラン_img
イワレンゲ_img

ランダムな花

ペパーミント_img
レリア・シンジュク_img
ヤマウルシ_img
ゴウソ_img
ツバキ ショウワニシキ_img
トックリラン_img
ソバナ_img
クレイソセントロン メリリアナム_img
オニシモツケ_img
チューリップ・スーパーパーロット_img
ホウレンソウ_img
フノリ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved