サンカクサボテン

  • サンカクサボテン_img_0
    果実
    サンカクサボテン @ OKINAWAフルーツらんど
  • サンカクサボテン_img_1
    サンカクサボテン @ OKINAWAフルーツらんど

基本情報

花名
サンカクサボテン
英名
Hylocereus undatus
学名
Hylocereus undatus
別名
ピタヤ, Pitaya, Dragon fruit
原産地
メキシコ
生活型
熱帯性常緑多年草、サボテン

コメント

サンカクサボテン(三角仙人掌、学名:Hylocereus undatus)はヒモサボテン属の熱帯性常緑多年草です。花はゲッカビジン(月下美人)と似ており、同時期の夏から秋の夜間に開花します。果実はドラゴンフルーツ(Dragon fruit)で食用とされ、ピタヤ(Pitaya)という名前でも流通しています。果肉はさほど味がありませんが、各種ビタミン類、ポリフェノール、カロチン、鉄分、栄養素が高く低カロリーなので健康食品とされます。胡麻粒大の種子と一緒に食べられます。現地のメキシコでは、果実だけでなく、花や葉肉も食べます。代表品種は、外皮が赤く果肉が白いホワイトドラゴン(white dragon、学名:Hylocereus undatus)や、外皮が赤く果肉も赤いレッドドラゴン(Red dragon 、学名:Hylocereus costaricensis)、外皮が黄色で果肉が白いイエロードラゴン(yellow dragon、学名:Selenicereus megalanthus)、他にそれらの交雑種があります。

一般名:サンカクサボテン(三角仙人掌)、学名:Hylocereus undatus(白肉腫)、別名:ピタヤ(Pitaya)、ドラゴンフルーツ(Dragon fruit)、サンカクチュウ(三角柱)、ビャクレンカク(百連閣)、リョウテンシャク(量天尺)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ナデシコ目サボテン科ヒモサボテン属、 原産地:メキシコ、 栽培分布:日本では沖縄、九州、世界的には東南アジア、台湾、中国、 草丈:10 m(現地)、花色:白、花径:25~30 cm、萼色:黄、蕊色:黄、開花期:7月〜10月、 果実形:楕円、果皮色:赤・黄、果肉色:赤・白・桃。

詳細情報

ナデシコ
サボテン
ヒモサボテン
サンカクサボテン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
(亜)熱帯地域温室果樹園
開花時期
7月8月9月10月
高さ
1000 ~ 1000 [cm]
花径
25 ~ 30

アクセスランキング(日別)

アリストロキア・サルバドレンシス_img
アルペン・アスター_img
クレロデンドラム・パニキュラツム・アルバ_img
ラタニアヤシ_img

ランダムな花

マツムシソウ_img
ハス_img
ヘラオオバコ_img
稚内の花_img
球根ベゴニア  'オレンジ ラッフルフォーム'_img
オステオスペルマム ナシンガ_img
シュッコンカスミソウ_img
マルハチ_img
ハイビスカス ’ドロシー’_img
ミドリノスズ_img
モモイロタンポポ_img
ミヤマダイコンソウ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved