かぎけん花図鑑

レブンソウ

基本情報
花名
レブンソウ
英名
Oxytropis megalantha
学名
Oxytropis megalantha
別名
礼文草
原産地
礼文島
生活型
這性多年草
コメント
レブンソウ(礼文草、学名:Oxytropis megalantha)は、礼文島固有種で、マメ科オヤマノエンドウ属の這性の多年草です。礼文島(北海道)の海岸の風衝草原に自生します。太い根茎からたくさんの花茎や葉茎を出します。葉は奇数羽状複葉です。初夏に、花茎先端から総状花序を伸ばし赤紫色〜青色の蝶形花を咲かせます。葉裏や茎に多数の産毛が生えています。花後、豆果を付けます。
一般名:レブンソウ(礼文草)、学名:Oxytropis megalantha、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科オヤマノエンドウ属レブンソウ種、原産地:礼文島、草丈:10〜25 cm、葉長:5〜8 cm、小葉長:1〜2 cm、花色:紫、開花期:6月〜7月、花長:2 cm。
詳細情報
マメ
マメ
オヤマノエンドウ
レブンソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
奇数羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山 亜高山 北海道 特定の地域
開花時期
6月 7月
高さ
10  ~ 25  [cm]
花径
2  ~ 2