かぎけん花図鑑

フタマタイチゲ

基本情報
花名
フタマタイチゲ
英名
Anemone dichotom
学名
Anemone dichotoma
別名
二股一華
原産地
中国、アジア、欧州の亜寒帯及び日本の北海道
生活型
多年草
コメント
フタマタイチゲ(二股一華、学名:Anemone dichotoma)は、中国、アジア、欧州の亜寒帯及び日本の北海道原産で、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。 丘陵の湿った草原や海岸の砂浜に自生します。
葉は三深裂したものが二枚づつ対生につくので輪生のように見えます。
初夏に、二股に分かれた枝先に白花(のような萼片)を咲かせます。花のように見えるものは5,枚の白い萼片です。白い萼片の裏側は桃色を帯びます。
一般名:フタマタイチゲ(二股一華)、学名:Anemone dichotoma、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科イチリンソウ属、原産地:中国、アジア、欧州の亜寒帯及び日本の北海道、環境:丘陵の湿った草原や海岸の砂浜、樹高:40〜80 cm、葉形:3出状に分裂、葉序:対生、葉柄:無し、両性花、花序:集散花序または散形花序、花弁:退化して無、雄蕊数:多、雌蕊数(多心皮):複数、開花期:6月〜7月、花色(実際は萼片色):白、花径(萼):1.5~2.5 cm、白い萼が出る場所:葉腋、虫媒花、果実:痩果。
詳細情報
キンポウゲ
キンポウゲ
イチリンソウ
フタマタイチゲ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
仮面状花冠
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
羽状深裂
鑑賞場所
低山 海岸
開花時期
6月 7月
高さ
40  ~ 80  [cm]
花径
1.5  ~ 2.5