かぎけん花図鑑

モモイロタンポポ

基本情報
花名
モモイロタンポポ
英名
Crepis rubra
学名
Crepis rubra
別名
クレピス, 桃色蒲公英, Crepis
原産地
イタリア南部、クレタ島、バルカン半島などヨーロッパ南部
生活型
耐寒性一年草
コメント
モモイロタンポポ(桃色蒲公英、学名:Crepis rubra)は、イタリア南部、クレタ島、バルカン半島などヨーロッパ南部原産で、キク科クレピス属の耐寒性一年草です。春に咲く黄色いタンポポをピンクにしたような花を咲かせます。茎を傷つけると乳白色の液が出ることもタンポポと似ています。代表品種はこのルブラですが、白花もあります。花壇やコンテナに植えます。
一般名:モモイロタンポ(桃色蒲公英)、学名:Crepis rubra(クレピス・ルブラ)、別名:クレピス(Crepis)、センボンタンポポ(千本蒲公英)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科クレピス属(フタマタタンポポ属)、原産地:イタリア南部、クレタ島、バルカン半島などヨーロッパ南部、花期:4月〜7月、草丈:30〜60 cm、花径:3〜5 cm、花色:桃・白。
詳細情報
キク
キク
クレピス
モモイロタンポ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
舌状形
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 鉢花
ピンク, 白
開花時期
4月 5月 6月 7月
高さ
30  ~ 60  [cm]
花径
3  ~ 5