タカネヤハズハハコ

  • タカネヤハズハハコ_img_0
    タカネヤハズハハコ @ 不明

基本情報

花名
タカネヤハズハハコ
英名
Anaphalis alpicola
学名
Anaphalis alpicola
別名
タカネウスユキソウ, 高嶺矢筈母子
原産地
日本
生活型
高山植性多年草

コメント

タカネヤハズハハコとは

タカネヤハズハハコ(高嶺矢筈母子、学名:Anaphalis alpicola)は北海道〜本州中部以北の湿った草地に自生するキク科ヤマハハコ属の多年草の高山植物です。夏に細い茎先に白花を付けます。葉は緑色地に灰白色の綿毛が付いて白っぽく見えます。

一般名:タカネヤハズハハコ(高嶺矢筈母子)、 学名:Anaphalis alpicola 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科ヤマハハコ属タカネヤハズハハコ種、別名:タカネウスユキソウ(高嶺薄雪草)、分布:北海道〜九州の日本、環境:高山帯の湿った草地、生活型:高山植性多年草、
草丈:10cm、葉色:緑色地に灰白色の綿毛、葉長:5cm、葉序:互生、開花期:8月、花色:白。

詳細情報

キク
キク
ヤマハハコ
タカネヤハズハハコ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山
開花時期
8月
高さ
10 ~ 12 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

イクソラ・コッキネア_img
サンタンカ_img
フィカス・キアティスティプラ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

カッコウチョロギ_img
シタキソウ_img
ミズヒイラギ_img
インゲンマメ_img
フトイ_img
セロジネ・クリスタータ・ホロレウカ 'ピュアホワイト'_img
リナリア_img
クル・イ_img
アオギリ_img
ヒノデキリシマ_img
キシツツジ_img
ヒマワリ ダブルシャイン_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved