ミソガワソウ

  • ミソガワソウ_img_0
    ミソガワソウ @ 立山室堂
  • ミソガワソウ_img_1
    ミソガワソウ @ 立山室堂

基本情報

花名
ミソガワソウ
英名
Nepeta subsessilis
学名
Nepeta subsessilis
別名
味噌川草
原産地
日本
生活型
多年草

コメント

ミソガワソウとは

ミソガワソウ(学名:Nepeta subsessilis)は、日本固有種で、シソ科イヌハッカ属の大形多年草です。
北海道〜中部地方以北の亜高山の草地や渓流に自生します。
草丈は50〜100 cmで 茎断面は四角形で直立します。葉は緑色で両面に疎らな細い毛があり、対生に付きます。
葉には柄が有り、葉身は先の尖った広披針形をしており、葉縁に細かい波状の鋸歯が有ります。
8月に花茎を伸ばし、葉腋に紫色で唇形をした花を数個付けます。
唇形の花は、上唇は2浅裂し下唇より短く、下唇は3裂し中央の紫色の斑点が目立ちます。
ちなみに、花名は川名、または、葉の臭気によります。
白花品種はシロバナエゾミソガワソウと呼ばれます。

ミソガワソウの詳細情報


一般名:ミソガワソウ(味噌川草)、学名:Nepeta subsessilis、
分類名:植物界被子植物真双子葉植物シソ目シソ科イヌハッカ属ミソガワソウ種、
原産地:日本、生息地:北海道〜中部地方以北、環境:亜高山の草地や渓流、
草丈:50〜100 cm、茎:断面は四角形で直立、葉色:緑、葉序:対生、葉柄:有り、
葉身形:先の尖った広披針形、葉縁:細かい波状の鋸歯、葉裏面:腺点から臭気を分泌、
花の付き方:葉腋に数個ずつ付ける、花序形:集散花序、花形:唇形、花冠色:紫、開花期:7月〜8月、
雄蕊数:4本、萼色:緑、果実型:分果、 
備考:日本固有種 味噌川という花名は川名、または、葉の臭気による。

詳細情報

シソ
シソ
イヌハッカ
ミソガワソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
広披針形
葉の縁
波状
鑑賞場所
亜高山
開花時期
7月8月
高さ
50 ~ 100 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

レブンキンバイソウ_img
レブンシオガマ_img
ガジュマル_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

トーチジンジャー_img
ザクロ_img
アングロカステ_img
トレビス_img
セイヨウキヅタ_img
エゾオヤマリンドウ_img
キャニモモ_img
ハシドイ_img
ゴクラクチョウカ_img
インコ・アナナス_img
エキウム・シンプレックス_img
花菖蒲  ’潮来’_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved