ミヤマシシウド

  • ミヤマシシウド_img_0
    ミヤマシシウド @ 立山室堂
  • ミヤマシシウド_img_1
    ミヤマシシウド @ 立山室堂
  • ミヤマシシウド_img_2
    ミヤマシシウド @ 立山室堂

基本情報

花名
ミヤマシシウド
英名
Miymashishiudo
学名
Angelica pubescens var.matsumurae
別名
深山猪独活, Miymashishiudo, アンゼリカ, Angelica
原産地
日本
生活型
高山性多年草

コメント

ミヤマシシウドとは

ミヤマシシウド(学名:Angelica pubescens var.matsumurae)はセリ科シシウド属のシシウドの高山種です。中部以北の(亜)高山の草地や礫地似自生します。草丈は100〜150cmと大型で、茎は茶褐色で太い。葉形は2〜3回羽状複葉で葉縁に鋸歯が有ります。花色は白で、花序径は10〜30cmで線香花火のように広がります。1つの小花径は0.5cm程です。

一般名:ミヤマシシウド(深山猪独活)、学名:Angelica pubescens var. matsumurae、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目セリ科シシウド属ミヤマシシウド種、別名:Miymashishiudo、生息地:本州中部以北、環境:深山の日当たりの良い草地や礫地、生活型:多年草、草丈:100〜150cm、茎色:茶褐色で太い、葉形:2〜3回羽状複葉、葉縁に鋸歯有り、花序:線香花火状の複散形花序、花色:白、花径:10〜30cm、開花期:8月〜9月、果実:扁平、似た花が多い中で最も大型。

詳細情報

セリ
セリ
シシウド
ミヤマシシウド
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山亜高山
開花時期
8月9月
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
10 ~ 30

アクセスランキング(日別)

キク_img
ディエテス・ビコロル_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

イワイチョウ_img
オヨベギキョウ_img
菊 泉郷情熱_img
カマツカ_img
クワ_img
オカトラノオ_img
カガミグサ_img
カーネーション 'ムーンダスト ディープブルー'_img
ビロードモウズイカ_img
エリカ・クリスマスパレード_img
ポドカルプス ネリイフォリウス_img
アメリカデイゴ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved