かぎけん花図鑑

メタカラコウ

基本情報
花名
メタカラコウ
英名
Ligularia stenocephala
学名
Ligularia stenocephala
別名
雌宝香
原産地
日本、台湾、中国
生活型
多年草で群生
コメント
メタカラコウ(雌宝香、学名:Ligularia stenocephala)は日本や台湾、中国原産でキク科の多年草です。草丈は高く、葉は丸くて大きく蕗葉に似ています。夏に尾瀬などの湿原で直立した茎先に黄色い頭花をつけます。
*注記 花の写真がないので、代わりに赤い魚の写真を載せています。他の花でも赤い魚が使われているものは写真がないものです。申し訳ありません。
一般名:メタカラコウ(雌宝香)、学名:Ligularia stenocephala、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科メタカラコウ属、生息地:尾瀬など本州〜九州、環境:山野、湿原などの草地、生活型:多年草で群生する、草丈:60〜100cm、根生葉、葉長:20cm、 葉柄:長い、葉形:蕗に似て大きく丸い、葉縁:鋸歯、花色:黄、花序形:総状花序、花冠:頭花、舌状花:2cm、舌状花弁数:1〜5枚、 開花期:7月〜8月、見た目:野性的な花、備考:花は下から上に向かって咲く。
詳細情報
キク
キク
メタカラコウ
メタカラコウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
7月 8月
高さ
60  ~ 100  [cm]
花径
2  ~ 2