かぎけん花図鑑

ヒメウツギ

基本情報
花名
ヒメウツギ
英名
Deutzia gracilis
学名
Deutzia gracilis
別名
原産地
日本
生活型
耐寒性落葉低木
コメント
ヒメウツギ(姫卯木、学名:Deutzia gracilis )は、日本原産で、アジサイ科ウツギ属の耐寒性落葉低木です。 卯木と比較すると、姫卯木の方が小型でコンパクトです。 開花期はヒメウツギ姫卯木の方が1ヶ月早く、 葉に生える毛(ここでは星状毛)は姫卯木の方が少なくすっきりしているのに対し、卯木は毛が多くザラザラしています。初夏に、側枝の先端に円錐花序を伸ばし、多数の白い小さな五弁花を咲かせます。 雄蕊の花糸には狭い翼があります。花後に椀形の果実が成ります。 果実は朔果で、中に褐色の種子があります。 庭木に使われます。
一般名:ヒメウツギ(姫卯木)、学名:Deutzia gracilis、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目アジサイ科ウツギ属ヒメウツギ種、原産地:日本固有種、生息地:関東~九州、生活環境:海岸岩上の日照地、樹高:1m、樹皮:灰褐色、 樹形:株立ち分枝、葉形:卵状披針形で先端が尖る。基部は円形、葉縁:細い鋸歯、葉に毛:有、葉序:対生、葉長:5~8cm、葉幅:2~3cm、葉:緑色で星状毛有り(オモテ)、薄緑色で星状毛無し(ウラ)、 葉柄:有り/無毛、花序形:円錐花序、花色:白、 花径:0.3cm、花の向き:やや俯き勝ち、花弁数:5枚、花弁形:広倒披針形、花柱数:3~4本、花柄:有り、萼筒:有り、萼筒形:半球形、 雄蕊数:10本、花糸(かし):翼状に広がる、開花期:5月~6月、結実期:10月、 果実型:朔果、果実形:椀形、 種子色:褐色、種子形:一方に膜状の翼が有る長楕円形。
詳細情報
ミズキ
アジサイ
ウツギ
ヒメウツギ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
5月 6月
高さ
100  ~ 100  [cm]
花径
0.3  ~ 0.3