トウダイグサ

  • トウダイグサ_img_0

    トウダイグサ @ 皇居二の丸公園

  • トウダイグサ_img_1

    トウダイグサ @ 皇居二の丸公園

基本情報

花名
トウダイグサ
英名
Euphorbia helioscopia
学名
Euphorbia helioscopia
別名
五朵云, 五灯草, 燈台草, ノウルシ, ユーフォルビア, mad woman's milk, sun spurge, wolf's-milk
原産地
北半球の温帯から熱帯
生活型
2年草の野草

コメント

トウダイグサ(燈台草、学名: Euphorbia helioscopia)は、北半球の温帯から熱帯原産でトウダイグサ科トウダイグサ属の2年草の野草です。日本では本州から沖縄の道端に自生します。茎の頂部に5本の細枝が出て、各枝に3個の杯状花序が付き、各花序に黄色~薄緑色の花が咲きます。花弁が退化し、花は雌蕊1、雄蕊数本が苞に包まれた杯状花序を形成します。有毒植物です。

一般名:トウダイグサ、学名:Euphorbia helioscopia、別名:ユーフォルビア、mad woman's milk、spurge, wolf's-milk、ノウルシ、五朵云,五灯草、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目トウダイグサ科トウダイグサ属トウダイグサ種、原産地:北半球、生息分布:日本の本州から沖縄、環境:道端、生活型:2年草、草丈:20~40cm、葉形:箆型から倒卵形、葉序:互生、茎先に五個輪生、葉色:緑 、葉身:1~2cm、葉縁:鋸歯、離弁花、花序径:、花序形:杯状花序、腺体:楕円形、花色:黄、子房:3つの平滑な上位子房、開花期:4月~6月、果実型:蒴果、果実径:0.4~0.5cm、

詳細情報

キントラノオ
トウダイグサ
トウダイグサ
トウダイグサ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
杯形花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
4月5月6月
高さ
20 ~ 40 [cm]
花径
0.4 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アンスリウム_img
テマリソウ_img
ホウセンカ_img
ユキモチソウ_img

ランダムな花

リュウキュウ_img
ツバキ カゴシマ_img
セロジネ・ムーレアナ_img
チューリップ・アーチスト_img
メガクリニウム マキシマム_img
シマオオタニワタリ_img
アカバセンニチコウ_img
ヒカゲツツジ_img
花菖蒲  ’雨後の空’_img
額紫陽花 ブルースカイ_img
ダイセンクワガタ_img
ハチミツソウ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved