かぎけん花図鑑

セロジネ・クリスタータ・ホロレウカ 'ピュアホワイト'

基本情報
花名
セロジネ・クリスタータ・ホロレウカ 'ピュアホワイト'
英名
Coelogyne Pure White
学名
Coelogyne cristata var.hololeuca 'pure white'
別名
セロジネ, セロジネ・クリスタータ, ピュアホワイト
原産地
ヒマラヤ
生活型
常緑多年性着生ラン
コメント
セロジネ・クリスタータ・ホロレウカ 'ピュアホワイト'(学名:Coelogyne cristata var. hololeuca 'Pure White')は、ヒマラヤ原産で、ラン科セロジネ属の常緑多年性着生ランです。ヒマラヤ東部の高地で冬~春、清楚で美しい純白の花を咲かせます。 'ピュアホワイト'は、花弁(リップ)に橙色が入らない純白の変異品種です。緑色の葉は竹の葉に似ています。葉の上に細い弓状の花茎が下垂して伸びます。1本の花茎から5~10個の花を咲かせます。花弁は5枚ほどで細長く縮れ気味で下向きに咲きます。 同じセロジネ属のセロジネ・インターメデイアと似ています。
一般名:セロジネ・クリスタータ・ホロレウカ 'ピュアホワイト'(Coelogyne cristata hololeuca 'Pure White') 、学名:Coelogyne cristata var. hololeuca 'Pure White' 、別名:セロジネ・クリスタータ'(Coelogyne cristata)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科セロジネ属、原産地:ヒマラヤ東部の標高800~2000mの地域 、草丈:50cm、花色:白、花期:冬~春、花径:5~7cm。
詳細情報
キジカクシ
ラン
セロジネ
セロジネ・クリスタータ・ホロレウカ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室 園芸品種
開花時期
高さ
30  ~ 50  [cm]
花径
5  ~ 7