チリメンナガボソウ

  • チリメンナガボソウ_img_0
    チリメンナガボソウ @ 東京都薬用植物園
  • チリメンナガボソウ_img_1
    チリメンナガボソウ @ 東京都薬用植物園
  • チリメンナガボソウ_img_2
    チリメンナガボソウ @ 東京都薬用植物園

基本情報

花名
チリメンナガボソウ
英名
Cayenne vervain
学名
Stachytarpheta dichotoma
別名
Brazilian tea, Cayenne vervain
原産地
熱帯アメリカ
生活型
多年性草本

コメント

チリメンナガボソウとは

チリメンナガボソウ(縮緬長穂草、学名:Stachytarpheta dichotoma)は熱帯アメリカ原産で、クマツヅラ科ナガボソウ属の多年性草本です。帰化植物で野原や路傍に自生しています。茎は四角形で良く分枝します。葉に縮緬状のしわが有ることが名前の由来です。穂状花序に濃青紫色~ラベンダー色の小花を咲かせます。花の中央は薄紫で、花弁の先端は5裂します。ほぼ周年開花します。薬用植物です。

一般名:チリメンナガボソウ(縮緬長穂草)、学名:Stachytarpheta dichotoma、又名:Brazilian tea, Cayenne vervain、Cayenne snakeweed、blue snakeweed, 草丈:60-200cm、葉形:長楕円形~卵形m、葉序:対生、葉縁:鋸歯有り、花序形:穂状、花序長:40-50cm、花径:0.7cm、

詳細情報

シソ
クマツヅラ
ナガボソウ
チリメンナガボソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
青, 紫
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
60 ~ 200 [cm]
花径
0.7 ~ 0.7

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

シラユキミセバヤ_img
チューリップ・スプリンググリーン _img
花菖蒲  ’雨後の空’_img
セイヨウトチノキ_img
なでしこ '花はな'_img
イヌシデ_img
オオマルバノホロシ_img
ヤハズカズラ_img
オオイタビ_img
ハランアナナス_img
アベリア_img
コリウス_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved