かぎけん花図鑑

ヤマオダマキ

基本情報
花名
ヤマオダマキ
英名
Aquilegia buergeriana
学名
Aquilegia buergeriana
別名
山苧環
原産地
日本
生活型
耐寒性多年草
コメント
ヤマオダマキ(山苧環、学名:Aquilegia buergeriana)は、日本原産で、キンポウゲ科オダマキ属の耐寒性多年草です。北海道~本州、四国、九州の山の礫地や草地に自生します。夏に2回3出複葉の根生葉の間から細長い花茎を出し、紫褐色の萼片の中に黄色五弁花を下向きに咲かせます。萼と花が散った跡に、雌蕊が上を向き種子を付けます。
一般名:ヤマオダマキ(山苧環)、学名:Aquilegia buergeriana、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科オダマキ属ヤマオダマキ種、分布:北海道、本州、四国、九州、環境:山の礫地や草地、茎長:30~70cm、根出葉:2回3出複葉、開花期:6月~8月、花径:3~4cm、花は下向き、 萼片色と距色:紫褐色、花弁数:5、雄蕊数:5、花弁色:黄色、果実:袋果。
詳細情報
キンポウゲ
キンポウゲ
オダマキ
ミヤマオダマキ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
2回3出羽状複葉
葉の縁
羽状深裂
鑑賞場所
低山
紫, 白
開花時期
6月 7月 8月
高さ
10  ~ 25  [cm]
花径
3  ~ 4