セイヨウノコギリソウ

  • セイヨウノコギリソウ_img_0
    セイヨウノコギリソウ @ 木場公園
  • セイヨウノコギリソウ_img_1
    セイヨウノコギリソウ @ 木場公園

基本情報

花名
セイヨウノコギリソウ
英名
Achillea millefolium
学名
Achillea alpina
別名
西洋鋸草, コモンヤロウ, アキレア, Achillea, ヤロー
原産地
ヨーロッパ、西アジア
生活型
多年草、ハーブ、帰化植物

コメント

セイヨウノコギリソウとは

セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草、学名:Achillea alpina)は、ヨーロッパや西アジア原産で、キク科アキレア属の耐寒性多年草の帰化植物です。別名で、アキレア(Achillea)や、コモンヤロウ(Common yarrow)と呼ばれます。 初夏~秋に、房状の頭状花を咲かせます。 花色には、代表的な白の他、黄色、ピンク、赤、橙があります。葉は、緑色をして細くギザギザしています。 葉は、潰して切り傷に当てると痛み止めや止血効果があります。若葉はサラダや茹でて食べられます。花は、切花やドライフラワーに使われます。ノコギリソウの仲間には、キタノノコギリソウ(学名:Achillea alpina subsp. japonica)があります。

一般名:セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)、学名:Achillea alpina 、別名:アキレア(Achillea)、ヤロー、ヤロウ(ともに、Yarrow)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ノコギリソウ属(アキレア属) 、原産地:ヨーロッパ、西アジア、開花期:5月~9月、花色:白、黄色、ピンク、赤、橙、用途:庭植え、ドライフラワー。

詳細情報

キク
キク
ノコギリソウ
セイヨウノコギリソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
舌状形
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
赤, ピンク, 橙, 黄, 白
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
50 ~ 100 [cm]
花径
3 ~ 5

アクセスランキング(日別)

アーモンド_img
ヒメエニシダ_img
オウコチョウ_img
ヒポキシス・コルチシフォリア_img

ランダムな花

ヒメツキミソウ_img
菊 だるま管物_img
ゴールデンシャワーツリー_img
カキノキ_img
クサノオウ_img
額紫陽花 'ポージーブーケ ミミ'_img
クルマバツクバネソウ_img
スイゼンジナ_img
ビロー_img
アングレカム・レオニス_img
クレロデンドラム・ウガンデンセ_img
ヤツデ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved