アメイシャ

  • アメイシャ_img_0

    アメイシャ @ 沖縄本島

  • アメイシャ_img_1

    アメイシャ @ 熱帯ドリームセンター(沖縄)

  • アメイシャ_img_2

    アメイシャ @ 熱帯ドリームセンター(沖縄)

基本情報

花名
アメイシャ
英名
Amesia
学名
Bunchosia armeniaca
別名
アメイシア, Ameisia, Peanut butter fruit, Monk's plum
原産地
アンデス山脈のチリなど南米
生活型
非耐寒性常緑低木

コメント

アメイシャ(Ameisia、学名:Bunchosia armeniaca)は、アンデス山脈原産で、キントラノオ科ブンコシア属の非耐寒性常緑低木です。原産地はアンデス山脈のチリ、ペルー、コロンビア、ボリビア、ブラジルです。葉腋から総状花序を出し、黄色い小花を8〜12個つけます。花後に成る果実は最初、薄緑ですが、熟すと橙色になります。原地では果肉を生食したり、香り付けに使用するため栽培しています。味や食感から、別名で、Peanut butter fruit(ピーナッツ・バター・フルーツ)とも呼ばれます。同科にはアセロラがあります。

一般名:アメイシャ(Ameisia)、学名:Bunchosia armeniaca、別名:Monk's plum、アメイシア(Ameisia)、Peanut butter fruit(ピーナッツ・バター・フルーツ)、Caferana、ブンチョシア orブンコシア(いずれも、Bunchosia)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目キントラノオ科ブンコシア属、原産地:アンデス山脈(チリ、ペルー、コロンビア、ボリビア、ブラジル)、環境:山地の中腹、樹高:2〜5 m、10 m(原産地)、葉形:長楕円形で先端が尖る、葉長:10〜17 cm、葉序:対生、葉縁:鋸歯、開花期:ほぼ一年中、花色:黄、花径:3〜4 cm、花冠:5弁花、果実型:液果、結実期:7月〜9月、実色:薄緑→橙、果実形:楕円形、果実径:3〜4cm、果肉色:薄黄、果肉味:甘酸味

詳細情報

キントラノオ
キントラノオ
ブンコシア
アメイシャ
花言葉
清純な心 / A pure heart (03月04日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
果樹園
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
200 ~ 1000 [cm]
花径
3 ~ 4

アクセスランキング(日別)

ツルラン_img
マカデミア_img
スズラン_img
シジギウム・スミティ_img

ランダムな花

ウメ カゴシマコウ_img
キミノセンリョウ_img
フサアカシア_img
ダイコン_img
ソリダゴ_img
ツタ_img
ヒメシャクナゲ_img
フジノカンアオイ_img
エゾノキリンソウ_img
セイヨウオキナグサ_img
ティントガーネット_img
テンニンギク_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved