イソギク

白縁のある葉と秋に岩場で黄色い小球形の花を咲かせる

  • イソギク_img_0

    イソギク @ 城ヶ崎海岸

  • イソギク_img_1

    イソギク @ 城ヶ崎海岸

  • イソギク_img_2

    イソギク @ 城ヶ崎海岸

  • イソギク_img_3

    イソギク @ 城ヶ崎海岸

  • イソギク_img_4

    イソギク @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
イソギク
英名
gold and silver chrysanthemum
学名
Chrysanthemum pacificum
別名
イワギク, 磯菊, 岩菊, gold and silver chrysanthemum
原産地
日本 
生活型
多年草

コメント

イソギク(磯菊、学名:Chrysanthemum pacificum)は、日本原産で、キク科キク属イソギク種の多年草です。伊豆半島や房総半島等の海岸に群生します。秋に、花茎先から花序を伸ばし黄色い筒状花だけから成る小球形の頭状花を咲かせます。花はアゲラタム(Ageratum)に似ています。葉裏にある長毛が葉表まで回るので葉縁に白い縁取りがあるように見えます。海岸で咲く花なので和名ではイソギク(磯菊)と名づけられました。園芸品種が各地で栽培されています。庭植えや鉢植えで鑑賞されたり、押し花などの花材にも使われます。

一般名:イソギク(磯菊)、学名:Chrysanthemum pacificum 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科キク属イソギク種 、シノニム:Ajania pacifica、別名:Isogiku、gold and silver chrysanthemum、イワギク(岩菊) 、原産地:日本、 自生地:伊豆(静岡)、環境:海岸の岩場、 葉表:緑、葉裏:銀白(長毛で覆われる) 、 葉形:倒卵形~長楕円形、草丈:30〜40cm、開花期:10月〜11月、花色:黄、花径:1.5cm。

詳細情報

キク
キク
キク
イソギク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
海岸園芸品種鉢花
開花時期
10月11月
高さ
30 ~ 40 [cm]
花径
1.5 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

アイスランドポピー_img
ホワイト・バット・フラワー_img
ノウゴウイチゴ_img
ベニバナ_img

ランダムな花

エビネ 赤の輝き_img
ゴヨウマツ_img
ハマエノコロ_img
オオヒラウスユキソウ_img
スノーフレーク_img
ビワモドキ_img
セリ_img
フェニックス_img
エウフォルビア レウコケファラ_img
マニラヤシ_img
サトウキビ_img
ヤトロファ・ポダグリカ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved