ウィンターコスモス

  • ウィンターコスモス_img_0

    ウィンターコスモス @ 木場公園

  • ウィンターコスモス_img_1

    ウィンターコスモス @ 木場公園

基本情報

花名
ウィンターコスモス
英名
Biden laevis
学名
Bidens laevis
別名
Bidens, キクザキセンダングサ, ビデンス, 菊咲き栴檀草, Smooth beggartick, larger bur-marigold
原産地
北米・メキシコ・ガテマラ
生活型
耐寒性多年草/一年草

コメント

ウィンターコスモス(Winter cosmos、学名:Biden laevis)は、北米・メキシコ・ガテマラ原産で、キク科センダングサ属の耐寒性多年草/一年草です。和名ではキクザキセンダングサ(菊咲き栴檀草)と呼ばれます。初夏〜冬に、黄色や、ピンク、白地に黄色の複輪、黄色地に白の複輪などの五弁花を咲かせます。花がコスモス(Cosmos)と似ていて、冬にも咲いているのことが花名の由来です。しかし、コスモスはキク科コスモス属であるのに対し、ウィンターコスモスは同科センダングサ属の植物です。属名の「Biden」は、ラテン語の「Bi(2つの)+「den(歯)」という意味で、種子に歯のような硬い2本の棘があることに因ります。この棘が動物や人の衣服に引っかかるので「引っ付き虫(beggartick)」と呼ばれます。種小名の「laevis」はラテン語で、「滑らかな(smooth)」という意味です。花言葉は、「忍耐」。

一般名:ウィンターコスモス(Winter cosmos)、学名:Biden laevis(ビデンス・ラエヴィス)、別名:Smooth beggartick、Bidens(ビデンス)、larger bur-marigold、キクザキセンダングサ(菊咲き栴檀草)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科センダングサ属、原産国:北米、草丈:30〜100 cm、良く分枝する、葉序:対生、葉形:羽状複葉(披針形、線状披針形)、葉縁:鋸歯有り、花序:散房花序、花冠:頭花(筒状+舌状花)、花色:黄・白・白と黄、花径:3~5 cm、開花期:6月〜 12月、果実型:痩果、果実形:棒状、果実質:硬く2本の棘有り、「引っ付き虫」となる、用途:観賞用。

詳細情報

キク
キク
センダングサ
ウィンターコスモス
花言葉
忍耐 / Patience
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
黄, 白
開花時期
6月7月8月9月10月11月12月
高さ
30 ~ 100 [cm]
花径
3 ~ 5

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved