ルリトウワタ

  • ルリトウワタ_img_0

    ルリトウワタ @ かぎけん

  • ルリトウワタ_img_1

    ルリトウワタ @ かぎけん

基本情報

花名
ルリトウワタ
英名
Blue star
学名
Tweedia caerulea
別名
瑠璃唐綿, Blue star, Southern star, Tweedia, Blue milkweed, ブルースター, サザンスター
原産地
南米のブラジル南部~ウルグアイ
生活型
半蔓性常緑多年草

コメント

ルリトウワタ(瑠璃唐綿、学名:Oxypetalum caeruleum)は、南米のブラジル南部~ウルグアイ原産で、ガガイモ科オキシペタルム属の半蔓性常緑多年草です。ブルースターという流通名で知られます。日当りが良い空き地や河川敷に生えます。茎に粗毛が生えており、白っぽく見えます。葉は基部が心形の長楕円形で、葉序は対生です。春から秋までの長期間、葉腋から小さな空色の五弁花を小グループで咲かせます。花色は時間経過と共に、空色、濃青、桃色、紫へと変化し、萎みます。花冠の径は3 cm程で副花冠があり、花中央にある蕊が飛び出ています。切ると出る乳白色の液体は有毒で刺激があります。用途は、鉢花、ブーケ、切花です。花言葉は「信じあう心」。花色の青が聖母マリアのシンボルカラーであることに拠ります。


かぎけん花図鑑 ルリトウワタ
https://www.flower-db.com/ja/flower:491

かぎけん花図鑑ブログ ルリトウワタ
https://www.flower-db.com/ja/blog/2018-04-30/114

一般名:ルリトウワタ(瑠璃唐綿)、学名:Oxypetalum caeruleum,旧学名:Tweedia caerulea、別名:オキシペタラム・カエルレウム、Blue star(ブルースター)、Southern star(サザンスター)、Tweedia、Blue milkweed、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目ガガイモ科オキシペタルム属、原産地:南米のブラジル南部~ウルグアイ、環境:日当りの良い空き地、河川敷、生活型:半蔓性常緑多年草、草丈:40〜100cm、葉形:基部が心形の長楕円形、葉序:対生、花弁数:5枚、花径:2~3cm、花中心に副花冠がある。開花期:4月〜10月、花色:空色・濃青・桃色・紫、果実型:蒴果、 用途:切花、鉢花、エンゲージブーケ、注記:葯と柱頭に毒。

詳細情報

リンドウ
キョウチクトウ
ルリトウワタ
ルリトウワタ
花言葉
信じあう心 / Hearts believe
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
鉢花切り花・生け花
ピンク, 青, 紫
開花時期
4月5月6月7月8月9月10月
高さ
40 ~ 100 [cm]
花径
2 ~ 3

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved