キミノセンリョウ

  • キミノセンリョウ_img_0
    キミノセンリョウ @ 青連院
  • キミノセンリョウ_img_1
    キミノセンリョウ @ 京都

基本情報

花名
キミノセンリョウ
英名
Sarcandra Flava
学名
Sarcandra glabra f. flava
別名
黄実千両
原産地
インド、マレーシア、日本
生活型
常緑小低木

コメント

キミノセンリョウとは

キミノセンリョウ(黄実千両、学名:Sarcandra glabra f. flava)は、葉上に果実を成らすセンリョウ科センリョウ属の常緑小低木「センリョウ(千両、学名:Sarcandra glabra)」の色違い果実をつける品種です。センリョウは無花被花(achlamydeous flower)です。枝先に子房と雄蕊が1個付き、花弁や萼はありません。冬に赤い球形の果実を成らせますが、黄実千両(S. glabra f. Flava)は黄色い果実をつけます。葉に光沢があり、薄く、皮質で、葉縁に鋸歯があります。庭木、寺木、床飾りの寄せ植えや、生け花等に用いられます。
花名に旧貨幣のつく花に、マンリョウ(万両、学名:Ardisia crenata )、センリョウ(千両、学名:Sarcandra glabra)、ヒャクリョウ(百両、カタラチバナ、唐橘、学名:Ardisia crispa )、ジュウリョウ(十両、学名:Ardisia japonica )があります。この内、センリョウはセンリョウ科で、その他は、ヤブコウジ科です。

一般名:キミノセンリョウ(黄実千両)、学名:Sarcandra glabra f. flava、別名:クササンゴ(草珊瑚)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類センリョウ目センリョウ科センリョウ属、原産地:インド、マレーシア、日本、樹高:50〜100 cm、葉形:長楕円形、葉色:緑、葉身:10〜15 cm、葉序:対生、葉縁:鋸歯、両性花、花被:無花被、開花期:6月〜7月、花色:黄緑、結実期:11月〜翌1月、果実型:核果、果実径:0.5〜0.6 cm、果実形:球形、果実色:黄→朱赤。

詳細情報

センリョウ
センリョウ
センリョウ
キミノセンリョウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
鉢花切り花・生け花墓地・寺院
開花時期
6月7月
高さ
50 ~ 100 [cm]
花径
0 ~ 0

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
シソ_img
オウコチョウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ヤチトリカブト_img
椿 '春曙紅'_img
キタダケナズナ_img
ラナンキュラス_img
フェニックス_img
菊 福助管物_img
ケンタッキーカーネルミント_img
ストレリチア・ニコライ_img
ルリフタモジ_img
カルミア・オスボレッド_img
ビロー_img
ナツメ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved