キンミズヒキ

  • キンミズヒキ_img_0
    キンミズヒキ @ 萩
  • キンミズヒキ_img_1
    キンミズヒキ @ 城ヶ崎海岸
  • キンミズヒキ_img_2
    キンミズヒキ @ 裏磐梯
  • キンミズヒキ_img_3
    キンミズヒキ @ 裏磐梯

基本情報

花名
キンミズヒキ
英名
Agrimonia japonica
学名
Agrimonia pilosa var. japonica
別名
金水引
原産地
日本等、アジア
生活型
耐寒性宿根草(多年草)

コメント

キンミズヒキとは

キンミズヒキ(金水引、学名:Agrimonia pilosa var. japonica)はバラ科キンミズヒキ属の耐寒性宿根草(多年草)です。夏から秋、日当たりの良い野原や、野趣溢れる庭・林で見かけます。紐状の細茎から穂状花序を伸ばし黄色い小さな五弁花を咲かせます。別科別属(タデ科タデ属)の植物ですが、草姿が熨斗袋に掛ける紅白のミズヒキ(水引)に似ており、花が黄金色に見えるということで、金糸に見立てキンミズヒキ(金水引)という花名が付けられました。しかし、よく見ると、花や葉の形が違います。花後に成る果実の表面に鍵形の棘があり、小動物などに付着するので、別名をヒッツキグサ(引っ付き草)とも呼ばれます。漢方では、口内炎や下痢止めに効くとされます。

一般名:キンミズヒキ(金水引、学名:Agrimonia pilosa var. japonica)、学名:Agrimonia pilosa var. japonica、別名:ヒッツキグサ(引っ付き草)、リュウゲソウ(龍牙草)、Hairy Agrimony、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科キンミズヒキ属、原産地:日本等、アジア、草丈:50~100cm、花径:0.5~1cm、花序高:10~25cm、花色:黄、開花期:8月~10月。

詳細情報

バラ
バラ
キンミズヒキ
キンミズヒキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
広披針形
葉の縁
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
8月9月10月
高さ
50 ~ 100 [cm]
花径
0.5 ~ 1

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
フシグロセンノウ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

ジュウニヒトエ_img
ヤシオネ・ペレンニス_img
ヘメロカリス_img
ドラセナ コンパクタ_img
ジャーマンアイリス ‘ゲイパト’ _img
パンパスグラス_img
エピスキア・クプレアタ_img
コルムネア_img
イワカガミ_img
ハイブリッドハナミズキステラピンク_img
ユキノシタ_img
ブルーバイユーハイビスカス_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved