かぎけん花図鑑

クラリセージ

基本情報
花名
クラリセージ
英名
Clary Sage
学名
Salvia sclarea
別名
オニセージ, clary sage, 鬼sage, Clary
原産地
欧州〜中央アジア
生活型
越年草
コメント
クラリセージ(clary sage、学名:Salvia sclarea)は、欧州〜中央アジア産で、シソ科サルビア属(アキギリ属)の越年草のハーブです。オニセージやclary(クラリ)とも呼ばれます。
心身をリラックスさせたり、アロマテラピーに効果があります。
また、主要成分のスクラレオールが女性の卵胞ホルモン(エストロゲン)と同じ働きをし、体調を回復するのに使われます。
一般名:クラリセージ(clary sage)、 学名:Salvia sclarea L.(サルウィア スクラレア)、
別名:オニセージ(鬼sage)、clary(クラリ) 、Clary sage、
分類名:植物界被子植物門双子葉植物類シソ目シソ科サルビア属(アキギリ属)クラリセージ種、
原産地:欧州〜中央アジア、生活型:2年草、草丈:100 cm、葉色:緑、葉縁:鋸歯有り、
開花期:5月〜7月、花色:ライラックブルー、白、淡いピンク、
使用部位:花と葉、効用:薬用-女性ホルモンと似た働き、アロマテラピー-心身リラックス。
詳細情報
シソ
シソ
サルビア
クラリセージ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
ピンク, 青, 白
開花時期
5月 6月 7月
高さ
100  ~ 100  [cm]
花径
0.5  ~ 0.5