かぎけん花図鑑

ミナトタムラソウ

基本情報
花名
ミナトタムラソウ
英名
Salvia verbenaca
学名
Salvia verbenaca
別名
Salvia verbenaca, サルビア・ベルベナカ
原産地
地中海沿岸地域
生活型
年草の帰化植物
コメント
ミナトタムラソウ(港田村草、学名:Salvia verbenaca)は地中海沿岸地域原産で、シソ科サルビア属(アキギリ属)の多年草の帰化植物です。和名の一部に「ミナト」と付くのは静岡県の清水港で発見されたことに拠ります。夏に、総状花序を伸ばし唇形の小花を4~10輪咲かせます。花は青~桃色をしています。6月に車軸状に果実を成らせます。
ミナトタムラソウ(港田村草、学名:Salvia verbenaca、又名:サルビア・ベルベナカ、Wild clary, Wild sage、Vervain Sage、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科サルビア属(アキギリ属)、原産地:地中海沿岸地域、草丈:20~80 cm、葉形:楕円形、花径:1 cm、花色:青、桃色、花冠形:唇形、開花期:5~6月、果実期:6月。
詳細情報
シソ
シソ
サルビア
ミナトタムラソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道 庭
開花時期
5月 6月
高さ
20  ~ 80  [cm]
花径
1  ~ 1