かぎけん花図鑑

ナンザンスミレ・ベニバナ

基本情報
花名
ナンザンスミレ・ベニバナ
英名
Viola chaerophylloides
学名
Viola chaerophylloides
別名
南山菫 '紅花', スミレ
原産地
中国、朝鮮、日本の対馬列島
生活型
多年草
コメント
ナンザンスミレ・ベニバナ(南山菫 '紅花'、学名:Viola chaerophylloides)は、中国、朝鮮、日本の対馬列島原産で、スミレ科菫属の多年草「スミレ」の一品種です。日本では対馬列島にしか咲かず、園芸品種が出回っています。開花は早春で、薄紅紫の花を咲かせます。幅がある葉には鋭い切れ込み(裂片)があります。
一般名:ナンザンスミレ・ベニバナ(南山菫 '紅花’)、学名:Viola chaerophylloides、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物綱キントラノオ目スミレ科スミレ属 、原産地:中国、朝鮮、日本の対馬列島、(園芸品種)、草丈:10 cm、花径:2 cm、開花時期:3月~4月、花色:白・薄紅紫。
詳細情報
キントラノオ
スミレ
スミレ
ナンザンスミレ・ベニバナ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
スミレ形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
植物園 園芸品種 特定の地域
赤, 紫, 白
開花時期
3月 4月
高さ
10  ~ 10  [cm]
花径
5  ~ 12