かぎけん花図鑑

ニワザクラ

基本情報
花名
ニワザクラ
英名
Dwarf flowering almond
学名
Cerasus glandulosa
別名
庭桜, Chinese bush cherry, Chinese plum, dwarf flowering almond
原産地
中国
生活型
耐寒性低木
コメント
ニワザクラ(庭桜 、学名:Cerasus glandulosa)とは、中国 原産で、バラ科サクラ属の耐寒性低木です。春に、葉が出る前または同時に、細い枝に白または薄桃色の八重桜に似た小花を多数咲かせます。ニワウメ(庭梅)と似ていますが、 ニワウメは一重咲きなので見分けられます。
一般名:ニワザクラ(庭桜) 、学名:Cerasus glandulosa、シノニム:Prunus glandulosa 、別名:Chinese bush cherry、Chinese plum、dwarf flowering almond、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属ニワザクラ種 、原産地:中国 、生活型:耐寒性低木、樹高:150~200 cm、葉形:長楕円形~卵形、葉身長:5-10 cm、葉序:互生、葉縁:鋸歯有、花弁数:5、花色:白~薄桃、花径:1-1.3 cm、花の咲き方:八重咲き、開花期:3月〜4月、果実型:核果、果実形:球形、結実期:6月、果実:可食、用途:庭木、公園、鉢植え。
詳細情報
バラ
バラ
サクラ
ニワザクラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 公園
ピンク, 白
開花時期
3月 4月
高さ
150  ~ 200  [cm]
花径
1  ~ 1.3