ノムラカエデ

紅葉

  • ノムラカエデ_img_0
    ノムラカエデ @ あしかがフラワーパーク

基本情報

花名
ノムラカエデ
英名
Nomura Kaede
学名
Acer amoenum cv. sanguineum
別名
ノムラモミジ, 野村楓, Acer amoenum, sanguineum
原産地
園芸品種
生活型
落葉中高木

コメント

ノムラカエデとは

ノムラカエデ(野村楓、学名: Acer amoenum cv. Sanguineum)はムクロジ科の落葉中高木です。秋に紅葉するカエデが多い中で、野村楓は春から紅葉しています。野村楓はオオモミジ(大紅葉)系カエデ(楓)の園芸品種であり、葉は大きく、春は暗紫色、夏は深緑色、秋は紫紅色になります。葉は掌形で7〜8深裂します。半陰地や水分を好み、乾燥は好まない樹木ですが、紅葉が美しいものは日向で多少乾燥気味の場所に植えられたものといわれます。

一般名:ノムラカエデ(野村楓)、学名: Acer amoenum cv. Sanguineum or Acer palmatum v. sanguineum、別名:ノムラモミジ、ヒロハモミジ(広葉紅葉)、ノウシ(濃紫)、Maple、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類ムクロジ目ムクロジ科カエデ属ノムラカエデ種、生活型:落葉広葉中高木、樹高:3〜5 m、幹色:暗紫色(若枝)→灰褐色(成枝)、葉序:対生、葉色:暗紫色(春)→深緑色(夏)→紫紅色(秋)、葉の裂片形:卵状披針形、葉縁:鋸歯、風媒花、雌雄同株、雄花両性花、花序形:複散房花序、花の付き方:15~30輪、花径:0.5cm、花弁数:5、花色:淡黄色~薄紅色、雄蕊数:8、萼片色:暗紅色、紅葉の観賞期:4月〜5月、5月〜11月、果実型:翼果、結実期:10月~11月。

詳細情報

ムクロジ
ムクロジ
カエデ
ノムラカエデ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
公園盆栽観葉植物
赤, クリーム
開花時期
4月5月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
0.5 ~ 0.6

アクセスランキング(日別)

アンゲロニア・セレナ_img
サンタンカ_img
キク_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

オモダカ_img
ラティビダ_img
ビオラ ウィットロキアナ 'ソルベ ラベンダーアイス'_img
フジ '長崎一才'_img
ビオラ 'コンテッサ・ブルーシェード '_img
チューリップ・れっどらべる_img
アスチルベ_img
クサアジサイ_img
シロバナシナガワハギ_img
ジネンジョ_img
カンヒザクラ_img
レウィシア  'エリーゼ'_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved