かぎけん花図鑑

レブンシオガマ

基本情報
花名
レブンシオガマ
英名
Rebunshiogama
学名
Pedicularis chamissonis var. rebunensis
別名
キタヨツバシオガマ, 礼文塩竈, 北四葉塩竈
原産地
礼文島
生活型
半寄生の高山性多年草
コメント
レブンシオガマ(学名:Pedicularis chamissonis var. rebunensis)は、礼文島固有種で、ハマウツボ科シオガマギク種の半寄生の高山性多年草です。初夏から夏に、垂直な花茎先端から穂状花序を伸ばし薄紫色の小花を10数段輪生に咲かせます。花は下から上へと咲き進みます。ヨツバシオガマ(四葉塩竈、学名:Pedicularis japonica)より全体的に大きくなります、また、ヨツバシオガマ(japonica)の葉が4枚ずつ輪生するのに対し、レブンシオガマ(rebunensis)は葉を5〜6枚ずつ輪生させます。
一般名:レブンシオガマ(礼文塩竈)、学名:Pedicularis chamissonis var. rebunensis、別名:キタヨツバシオガマ(北四葉塩竈)、 
分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ハマウツボ科シオガマギク属、原産地:礼文島、草丈:70〜100 cm、葉序:5~6枚輪生、葉形:羽状全裂、花序:穂状花序、花の出る場所:茎頂、花冠:唇形(上唇は兜型)、花長:1 cm、花色:薄紫色、花の咲き方:小花を10数段輪生、開花期:6月中旬から7月。
詳細情報
シソ
ハマウツボ
シオガマギク
レブンシオガマ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
鑑賞場所
高山 北海道 特定の地域
赤, ピンク, 紫
開花時期
6月 7月
高さ
70  ~ 100  [cm]
花径
1  ~ 1