ワスレナグサ

  • ワスレナグサ_img_0
    20040411_2_hanahaku
    ワスレナグサ @ 浜名湖花博2004
  • ワスレナグサ_img_1
    ワスレナグサ @ 夢の島熱帯植物館
  • ワスレナグサ_img_2
    ワスレナグサ @ あしかがフラワーパーク

基本情報

花名
ワスレナグサ
英名
Myosotis scorpioide
学名
Myosotis scorpioides l.
別名
Forget-me-not, エゾムラサキ, フォーゲット・ミー・ノット, 忘れな草
原産地
ヨーロッパ
生活型
常緑多年草(一年草扱い)

コメント

ワスレナグサとは

ワスレナグサ(忘れな草、勿忘草、学名:Myosotis scorpioide) は、ヨーロッパ原産で、ムラサキ科ワスレナグサ属の常緑多年草(一年草扱い)です。茎は直立し、葉とともに鼠色の産毛が生えています。葉は緑色で長楕円形、葉長さ2-5 cmと、1 cm以下の花に比べると大きいです。春~夏に、花茎先端から蠍型花序を伸ばし、車形花冠の花を数個咲かせます。車形花冠とは、花冠筒が短く、大き目の裂片が開出する花冠のことで、忘れな草の場合は、花弁先端が5深裂して5弁花のように見えます。花色には、基本色の青紫の他、桃色や、白があります。花の中央基部は黄色い。庭植えや鉢植えなど、観賞植物として人気です。

一般名:ワスレナグサ(忘れな草、勿忘草)、学名:Myosotis scorpioides、別名:フォーゲット・ミー・ノット(Forget-me-not)、ミオソチス(Myosotis)、ミオソチス・シルヴァティカ(Myosotis sylvatica)、エゾムラサキ(蝦夷紫)、分類名(APG IV):植物界被子植物真正双子葉類ムラサキ目ムラサキ科ワスレナグサ属、原産地:ヨーロッパ、生活型:常緑多年草(日本では、一年草扱い)、草丈:20〜30 cm(矮小種)、〜50 cm、葉形:長楕円形、葉身長:2〜5 cm、葉序:互生、葉縁:全縁、★花冠:合弁・放射相称花冠、花序形:サソリ型花序(scorpioid)、★花冠:車形で先端が5深裂、萼片:5、雄蕊:5、花径:0.6~0.8 cm、花色:青紫・桃・白、開花期:3月〜7月。

詳細情報

ムラサキ
ムラサキ
ワスレナグサ
ワスレナグサ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
さそり型花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
鉢花
ピンク, 紫, 白
開花時期
3月4月5月6月7月
高さ
20 ~ 50 [cm]
花径
0.6 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

レブンキンバイソウ_img
レブンシオガマ_img
ガジュマル_img
スパティフィラム_img

ランダムな花

タイム レモン バリエゲイテッド_img
オオニワゼキショウ_img
パンパスグラス_img
キンキマメザクラ_img
ホタルヒバ_img
チョウジソウ_img
エビネ_img
ガクアジサイ_img
ハギ_img
シュロガヤツリ_img
ケヤキ_img
サンパチェンス_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved