キツネノマゴ

  • キツネノマゴ_img_0
    キツネノマゴ @ 城ヶ崎海岸
  • キツネノマゴ_img_1
    キツネノマゴ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
キツネノマゴ
英名
Kitsunenomago
学名
Justicia procumbens var. leucantha
別名
狐の孫
原産地
日本
生活型
一年性野草

コメント

キツネノマゴ(狐の孫、学名:Justicia procumbens var. leucantha)はキツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年性の野草です。日本の本州から九州の道端に生える自生種(雑草)です。草丈10〜30 cmで、葉は単葉で対生につきます。夏から秋に、穂状花序から穂状花序を伸ばし薄赤紫色の唇形の小花を咲かせます。花後に成る果実は蒴果で2つに割れます。似た花にオギノツメ(荻の爪)があります。

一般名:キツネノマゴ(狐の孫)、 学名:Justicia procumbens var. leucantha、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目キツネノマゴ科キツネノマゴ属、生息地:本州~九州、環境:道端、生活型:一年草、草丈:10〜30 cm、葉色:緑、葉柄:有、葉形:卵形で先端がやや尖る、葉身長:3 cm、葉序:対生、花序形:穂状花序、花色:薄赤紫、花長:0.8 cm、花形:唇形、花期:8月~9月、備考:野草。

詳細情報

シソ
キツネノマゴ
キツネノマゴ
キツネノマゴ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
奇数羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
8月9月
高さ
10 ~ 30 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アサギリソウ_img
カワラナデシコ_img
ゼンマイ_img
マツバギク_img

ランダムな花

ジュウニヒトエ_img
ムギクサ_img
コムギセンノウ_img
タイサンボク_img
アガベ・パリー_img
ミッキーマウスノキ_img
ユリオプスデージー_img
レモングラス_img
ミヤマガラシ_img
クレマチス ‘ビーズ・ジュビリー’_img
ヒポキシス・コルチシフォリア_img
クルメケイトウ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved