かぎけん花図鑑

サラシナショウマ

基本情報
花名
サラシナショウマ
英名
Cimicifuga simplex
学名
Cimicifuga simplex
別名
ショウマ, 晒菜升麻, 升麻
原産地
日本、朝鮮半島、中国
生活型
大型多年草
コメント
サラシナショウマ(晒菜升麻、学名:Cimicifuga simplex )は、日本や朝鮮半島、中国の山地に自生するキンポウゲ科キンポウゲ科の大型多年草です。夏から秋に、茎先や葉腋から太い穂状花序を伸ばしブラシ状に白い小花を多数付けます。葉は複葉で長い葉柄があり互生してつきます。葉縁には鋸歯があります。名前の由来は、若菜を水で晒して灰汁抜きし茹でて食べ、根茎が漢方の生薬となることに因みます。
一般名:サラシナショウマ(晒菜升麻)、学名:Cimicifuga simplex 、別名:ショウマ(升麻)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科キンポウゲ科サラシナショウマ属、生息分布:日本、朝鮮半島、中国、環境:山地に自生、生活型:大型の多年草、草丈:100~150cm、小葉の形:先端が尖った卵形で2~3裂、葉色:緑、葉序:複葉で長い葉柄があり互生してつく、葉縁:鋸歯有り、花序形:ブラシ状の穂状花序、花序長:30cm、花色:白、開花期:8月~10月、雄蕊色:白、用途:生薬。
詳細情報
キンポウゲ
キンポウゲ
キンポウゲ科
サラシナショウマ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
仮面状花冠
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道 低山
開花時期
8月 9月 10月
高さ
100  ~ 150  [cm]
花径
 ~