かぎけん花図鑑

シロハンショウヅル

基本情報
花名
シロハンショウヅル
英名
Clematis cremea
学名
Clematis japonica form cremea
別名
白半鐘蔓
原産地
日本
生活型
多年草
コメント
シロハンショウヅル(白半鐘蔓、学名:Clematis japonica form cremea)は、日本原産で、キンポウゲ科センニンソウ属の多年草です。夏に、白花を咲かせます。花のように見えるものは萼です。似た花に、ハンショウヅル(半鐘蔓、学名: Clematis japonica)があり、紫色の花を咲かせます。半鐘蔓の白花品種に、シロバナハンショウヅル(白花半鐘蔓)があります。
センニンソウ属の花
クサボタン(草牡丹)、クレマチス(Clematis) 、センニンソウ(仙人草)、ハンショウヅル(半鐘蔓)、シロハンショウヅル(白半鐘蔓) 、シロバナハンショウヅル(白花半鐘蔓)。 
一般名:シロハンショウヅル(白半鐘蔓)、学名:Clematis japonica form cremea、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属)、原産地:日本、分布:関東〜中部、蔓長:250~300 cm、開花期:4月〜6月、花径:2~3cm、花色(萼色):白。
詳細情報
キンポウゲ
キンポウゲ
センニンソウ
シロハンショウヅル
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
仮面状花冠
葉のタイプ
掌形
葉の縁
羽状深裂
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
4月 5月 6月
高さ
250  ~ 300  [cm]
花径
2  ~ 3