かぎけん花図鑑

キレハマメグンバイナズナ

基本情報
花名
キレハマメグンバイナズナ
英名
Lepidium bonariense
学名
Lepidium bonariense
別名
切葉豆軍配薺, Lepidium bonariense, Argentine pepperweed
原産地
北アメリカ 
生活型
一年草/ニ年草
コメント
キレハマメグンバイナズナ(切葉豆軍配薺、学名:Lepidium bonariense L.)は北米原産で、アブラナ科マメグンバイナズナ属の一・ニ年草です。初夏に道端で見られます。野草のナズナの一種で、北米から帰化した植物です。茎は、膝の高さで直立し無毛です。枝先に総状花序を伸ばし、晩春から夏に小さな緑白色の4弁花を多数咲かせます。花後に成る果実は小さく扁平な円形で先端が窪み軍配のように見えます。似た花にグンバイナズナ(軍配薺)がありますが、そちらは果実形が楕円形をしています。また、ナズナ(薺)と似ていますが、ナズナの果実形は平たい倒三角形をしています。
一般名:キレハマメグンバイナズナ(切葉豆軍配薺)、学名:Lepidium bonariense L.、別名:Argentine pepperweed、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アブラナ目アブラナ科マメグンバイナズナ属、原産地:北アメリカ、分布:北海道〜九州、環境:空き地、道端、草丈:30〜50 cm、茎姿:直立無毛、葉長:3〜5 cm、葉序:互生、葉縁:鋸歯有、茎葉:羽状複葉、根性葉:開花期には枯れて無い、開花期:5月〜6月、花序:総状花序、花色:緑白色、花径:0.3 cm、花弁数:4枚、萼数:4枚、果実型:角果、果実形:扁平な円形(軍配形)、果実長:0.3 cm。
詳細情報
アブラナ
アブラナ
マメグンバイナズナ
キレハマメグンバイナズナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
鑑賞場所
野原・畦道
緑, 白
開花時期
5月 6月
高さ
30  ~ 50  [cm]
花径
0.3  ~ 0.3