かぎけん花図鑑

ナス

基本情報
花名
ナス
英名
Eggplant
学名
Solanum melongena
別名
ナスビ, 茄子, Eggplant
原産地
インド
生活型
一年草
コメント
ナス(茄子、学名:Solanum melongena)は、インド原産で、ナス科の非耐寒性一年草の野菜です。トマトやキュウリなどと共に家庭でよく食べられます。葉は楕円形で日光に当たるよう大小様々で重なり合わないように付きます。夏から秋に紫色の花を咲かせ、開花後2~3週間で光沢のある紫黒色の果実を収穫できます。この紫色はアントシアニンで、紫外線から果肉を守るために作られるものであり果実に袋を被せることにより白ナスを作れます。果実は細長いものや、丸いもの、ヘビ形(中国)をしているものがあります。 成実期は4~10月で、食用とするのは果実です。日本では紫色の皮のものが多く皮は薄く、果肉は薄黄色で柔らかくスポンジ状で、ややアクはありますがほぼ味が無く、皮と共に実を食用野菜とします。ナスの代表品種に水茄子があり、単に「なす」と言うとミズナスのことをさします。 灰汁があるので切って置いておくと茶色っぽくなります。 水にさらすか塩を振って灰汁抜きしてから使います。ナスをはじめ、ジャガイモトマトピーマン等のナス科植物は連作障害を起こしやすいので 同じ土で毎年作り続ける場合は対策が必要です。
ナスのブログ
一般名:ナス(茄子)、学名:Solanum melongena、別名:ナスビ(奈須比)、Eggplant(エッグプラント)、分類名:植物界被子植物真双子葉植物ナス目ナス科ナス属、原産地:インド、草丈:60~100cm、葉形:卵形~楕円形、花径:2.5~3cm、花色:紫、雄蕊数:5、開花期:夏~秋、果実色:光沢のある紫黒色・緑・白、果実形:卵形・細長・丸・ヘビ形、果肉色:薄黄、 結実期:4月~10月、 食用の可否:可(代表的な野菜)、可食部分:果実。
詳細情報
ナス
ナス
ナス
ナス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
杯形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
波状
鑑賞場所
開花時期
4月 5月 6月 7月 8月 10月
高さ
60  ~ 100  [cm]
花径
2.5  ~ 3